!継続契約機能がリリース





2016/08/02(火)





?継続契約とは





継続商談とは、顧客から解約の意思が提示されるまで契約が、継続していく商談の事を言います。
更新期限の際に、顧客に更新確認する場合(例:一年契約のアプリケーション)や、自動更新される場合(例:二年契約が自動更新される携帯電話)などのケースがあります。



?ストック型ビジネスとは





ストック型ビジネスとは、電気料金や携帯電話、コンサルティング契約、不動産のように継続商談を積み上げることで定期的な売上を伸ばしていくビジネススタイル。
ストック型ビジネスの場合、一年ごと、三ヶ月等、定期的な契約更新が発生します。契約更新の際、契約内容が変更される場合もあります。




こんなお悩み、ありませんか?



「契約件数が多い上、更新時期が3月末に集中している。
 そのため、3月は更新漏れが多数起きてしまう」

「前回はどんな見積もり内容だっけ? 割引率は?
 過去の商談内容を確認し、継続商談の契約や見積を作成するのが手間」

「契約更新の連絡を忘れている間に
 取引先が他社サービスに乗り換えてしまった」

「現在、ご契約いただいてる契約が
 来年、どれくらいの売上になるか、わからない」




『ウランバ!!』の「継続商談機能」なら
そんな課題を全て解決



契約の更新をエクセルなどで管理するのは、かなりの手間です。
手間取ってしまい遅延すると、顧客の信頼も失いかねません。





「商談契約サポート機能」はそんな契約更新業務をサポートします!
三ヶ月ごと・毎年など、決まった間隔で契約の更新がある商談を契約更新時期に自動で作成します。
また、自動更新時には営業担当者にメールで通知。
取引先への更新連絡漏れを防止します。





「契約継続機能」の資料請求・サービスのお問い合わせは
上記よりご連絡ください。