DX!!ウランバ !! 活用マニュアル

カスタム設定登録

1

カスタム設定の登録方法です。カスタム設定では商談〜請求作成での条件等の設定を管理します。
画面右上の「設定」を選択します。

2

クイック検索に「カスタム設定」と入力し、検索結果を選択します。

3

ウランバ基底カスタム設定で設定できる項目は以下になります。

修正を行う場合はウランバ基底カスタム設定の「Manage」を選択し、「編集」より修正を行います。修正後保存します。

  • 会社指定休日:国民の祝日以外で指定休日がある場合、MM/DD形式で複数の場合、カンマ区切りで指定します。
  • 休日曜日:休日扱いとする曜日を半角カンマ区切りで「Sun,Mon,Tue,Wed,Thu,Fri,Sat」形式で入力します。
  • 請求を承認済みで作成する:承認申請を利用する場合、チェックを入れると請求確定した時に承認ステータスが「承認済」の状態で作成されます。チェックを入れないと「未申請」の状態で作成されます。「承認申請を利用しない」設定となっている場合、この項目にチェックを入れていても「未申請」の状態で請求が作成されますので、途中から承認申請を使用する場合は必ず作成済みの請求の請求書を出力した後に変更してください。チェックを入れず請求の承認申請を利用する場合は承認申請設定が必要となります。
  • 承認申請を利用しない:承認申請を利用しない場合チェックを入れます。「承認申請を利用しない」設定となっている場合、「請求を承認済みで作成する」にチェックを入れていても「未申請」の状態で請求が作成されますので、途中から承認申請を使用する場合は必ず作成済みの請求の請求書を出力した後に変更してください。承認申請を利用する場合は承認申請設定が必要となります。
  • 消費税端数処理:消費税率の小数の取扱について次の数値を入力し指定します。 1:小数を切り上げ 2:小数第一位で四捨五入 未入力及びそれ以外の数値は小数を切り捨てます。※取引先の項目「消費税率端数処理」で取引先単位で消費税率端数処理を指定することも可能です。
  • 各活動履歴を作成する:各アクションのタイミングで活動履歴を作成する場合はチェックを入れます。
  • 帳票出力取引先名の1行あたり最大文字数:帳票出力取引先名の一行あたりの文字数を制限したい場合、上限文字数を入力します。
  • 帳票出力提案名の1行あたり最大文字数:帳票出力提案名の一行あたりの文字数を制限したい場合、上限文字数を入力します。
  • 消費税端数処理税抜単価:税込単価から税抜単価の計算での小数の取扱について指定します。1:小数を切り上げ2:小数第一位で四捨五入未入力及びそれ以外の数値は小数を切り捨てます。
  • 受注を自動で承認済みにする:承認申請を利用する場合、チェックを入れると受注確定した時に承認ステータスが「承認済」の状態で作成されます。チェックを入れないと「未申請」の状態で作成されます。チェックを入れず受注の承認申請を利用する場合は承認申請設定が必要となります。

他項目は初期設定時反映されます。

4

ウランバ販売管理カスタム設定で設定できる項目は以下になります。

修正を行う場合はウランバ販売管理カスタム設定の「Manage」を選択し、「編集」より修正を行います。修正後保存します。

  • 入金予定日を直前の営業日にずらす:チェックを入れると、入金予定日を営業日へずらす設定の場合に直前の営業日へずらします。チェックを入れない場合は翌営業日へとずらします。
  • 入金予定日が休日の場合に営業日へずらす:チェックを入れると、請求作成時に自動設定する入金予定日が休日の場合に、入金予定日を営業日へずらします。
  • 契約更新通知メール返信先アドレス:ライセンス契約の自動更新通知メールの返信先として設定するメールアドレスを入力します。
  • 契約更新通知メール送信者名:ライセンス契約の自動更新通知メールの送信者として表示する名前を入力します。
  • 提案日から納期までのデフォルト日数:入力すると、新規提案ウィザードで提案日から営業日数換算でその入力日数分足した日付を納期として設定します。未入力の場合、納期のデフォルト日付は空白にします。
  • 各帳票書名:帳票のファイル名を指定します。
  • 帳票の品目備考を改行して出力する:品目に対する備考を次の行の明細品目名の列に表示する場合チェックを入れます。
  • 請求書書式:とりまとめ請求時の表示形式を指定します。値が0の場合、請求商品情報のみ表示する通常の形式で表示されます。値が1の場合、請求ごとに先頭にビジネス名が表示され、最後に小計が表示されます。
  • 新規ビジネスウィザードで取引先担当者を必須としない:デフォルトでは新規ビジネスウィザード入力時に取引先担当者の指定が必須ですが、必須としない場合チェックを入れます。
  • 請求締め日:とりまとめ請求の検索での締め日を指定します。請求締め日が未入力の場合は請求予定日が検索した月の請求を表示し、締め日を指定した場合は請求予定日が検索した月+締め日から1ヶ月前の請求を表示します。例)請求締め日が15でとりまとめ請求にて9月を検索した場合→8/16~9/15の請求が表示されます。
  • 外部注文CSV取込で在庫引当:外部注文CSV取込で同じ商品コードの在庫の在庫入出庫明細を提案品目に引き当てます。
  • 外部注文CSV取込で受注作成:外部注文CSVにデータをインポートした時の処理を設定します。 受注までの作成を可能としておりますので0を指定します。
  • 外部注文取引先名寄せ:外部注文CSVの名寄せ方法を設定します。同じ取引先かの判断を「電話番号+Eメール」で行う場合1を入力、「取引先名+電話番号」で行う場合2を入力します。ただし、1を使う場合、フローなどで新規取引先作成時に電話番号+Eメールが「名寄せコード」に保存されるよう設定する必要があります。
  • 外部注文CSV取込数:外部注文CSVを外部注文と外部注文商品に取り込む際、一度に取り込むレコード数を設定します。取込数が多すぎると外部注文CSV取込でエラーが発生し、少なすぎると全て処理するのに時間がかかります。1000〜100くらいの間で設定してください。
  • 請求時売上計上分割を入力する:チェックを入れると、カタログ品目の項目「売上計上タイミング」が「請求時」の品目について請求管理画面で請求分割とは別に売上分割計上が入力可能になります。チェックを入れない場合、請求分割と売上分割が一致します。
  • クレジットカード支払いに請求書を発行しない:チェックを入れると、請求の支払方法が「クレジットカード」、もしくは空白で請求先の支払方法がクレジットカードの場合に、請求書発行画面での検索対象から除外し請求詳細画面での請求書発行・請求書メール送信が選択不可となります。
  • とりまとめ請求書に入金情報列を表示する:チェックを入れると、とりまとめ請求書において「その請求先における、発行時に指定した締め年・月期間内の入金」を請求書の品目行に出力します。(例)2022年3月請求分のとりまとめ請求書で、月末締めの取引先に対して請求書を発行した場合、2022/03/01〜2022/03/31が入金日の入金を出力します。

他項目は初期設定時反映されます。

5

ウランバ購買管理カスタム設定で設定できる項目は以下になります。

修正を行う場合はウランバ購買管理カスタム設定の「Manage」を選択し、「編集」より修正を行います。修正後保存します。

  • 帳票の品目備考を改行して出力する:品目に対する備考を次の行の明細品目名の列に表示する場合チェックを入れます。
  •  新規発注ウィザードで発注先責任者を必須としない:新規発注ウィザードで発注先担当者の選択を任意とする場合、チェックを入れます。

他項目は初期設定時反映されます。

6

ウランバ経理カスタム設定で設定できる項目は以下になります。

修正を行う場合はウランバ経理カスタム設定の「Manage」を選択し、「編集」より修正を行います。修正後保存します。

  • 当月売掛金額文字列:売掛残高一覧の「当月売掛金額」の文字列を変更したい場合、入力します。