DX!!ウランバ !! 活用マニュアル

売掛残高確認方法

1

「売掛残高一覧 」画面より 年度期首月から選択した月までの請求の合計額、入金種別の金額計上の合計額から回収率や売掛繰越残高などを確認できます。

ウランバ 財務管理のタブ、もしくはアプリケーションランチャーより「売掛残高一覧」を選択します。

2

各取引先毎に請求の合計額、入金種別の金額計上の合計額から回収率や売掛繰越残高などを確認できます。

画面上部の年月の選択はSalesforceの会社の設定で指定されている会計年度期首月から選択した月までの請求の合計額を表示することが可能です。

また取引先名、取引先番号で検索し、特定の取引先情報のみ表示させることも可能です。

取引先名下に取引先番号がグレーで表示されます。

3

表示されている各項目値を確認します。

  • 前月残高:「年度期首月〜指定月の前月末までの全請求額」から「同期間の全入金額」を引いた金額が反映されます。注意点として年度期首月を指定した場合、前年度分に未入金の請求が存在しても前月残高には加算されません。マイナスで表示される場合、過入金の状態になります。
  • 当月回収金額:当月の入金額が反映されます。
  • 当月回収率:前月残高に対する当月の入金額の比率が反映されます。前月残高が¥0の場合は0%としています。また、小数点以下は第一位まで表示し、第二位は切り捨てで表示されます。
  • 最新売掛金額:「前回請求額」の値が反映されます。過去の月を表示しても最新月の前回請求額が表示されます。前回請求額は毎月バッチで更新されます。
  • 回収内訳:入金データの「入金種別」の値を元に種別ごとに当月の入金額を表示しています。
  • 当月売掛金額:当月における請求の「税込合計金額」の合計金額です。「消込不要金額」が入力されていたり消込が既に行われている請求の金額も含まれています。また、「当月」の基準は「請求日」に選択した月であることを基準にしており、この際請求先の締日は考慮していません。例:締日が20日の請求先があった場合に、請求日が3/21の請求が存在しても4月締め分のため4月の当月売掛金額に算入するということはせず、3月の当月売掛金額に計算しています。
  • 当月末残高:「年度期首月〜当月末までの全請求額」から「同期間の全入金額」を引いた金額が反映されます。