DX!!ウランバ !! 活用マニュアル

商談連携機能:
商談ビジネス連携(タイプ1)

1

タイプ1の場合の商談ビジネス連携方法です。

商談を作成します。(既に商談作成及び商品追加している場合は7から開始します。)

アプリケーションランチャーより「商談」を選択します。

2

「新規」を選択します。

3

各項目入力し保存します。

4

商品の「価格表の選択」を選択し、価格表を選択します。

選択後、保存します。

5

商品の「商品の追加」を選択します。

商品を選択し「次へ」を選択します。

6

商品の各項目を入力し保存します。

7

商品登録まで完了したらビジネス連携を行います。

「ビジネスの作成」を選択します。

8

モーダルが表示されるので各項目初期値の確認、必要な場合は入力・編集します。

編集完了後「作成」を選択します。

9

作成ボタン選択後、ビジネスと提案、フェーズの進行度によって受注が作成されます。

ビジネスの「関連」より提案、受注どちらまで作成されているか確認が可能です。

商談ビジネス連携は以上です。

提案まで作成されている場合は提案作成後の処理(必要な場合承認申請、見積書送付等)を行い受注確定以降の処理を、

受注まで作成されている場合は受注作成後の処理(必要な場合承認申請、注文請書送付等)を行い納品確定・請求確定以降の処理を行ってください。